最近は資格取得ブームとなっているので、色々な資格を目にしたり耳にしたりするようになってきました。

ちょっと珍しい医療の資格
ちょっと珍しい医療の資格
ちょっと珍しい医療の資格

最近は資格取得ブームとなっているので

● 38歳 女性
最近は資格取得ブームとなっているので、色々な資格を目にしたり耳にしたりするようになってきました。
その中でも医療関係の資格は、比較的まだ知られていないと思います。
私が珍しいと思った医療資格に「医療コンシェルジュ」というものがあります。名称がとてもカッコイイので興味が湧き、印象的に残っています。どんな資格なのかというと、患者さんの代理人となって医療機関を選定したり、セカンドオピニオン的なアドバイスをしたりする人のことです。

医療について素人の私たちは、体調不良で病院を訪れるにしても、とても不安な気持ちになります。
しかし、こういった専門職の人が居れば、安心して相談することができて便利です。

院内でガイドしてくれる人のことを、メディカルコンシェルジュということが分かりました。
一方、医師の事務作業補助的なことを行う人のことは、メディカルアシスタントと言うそうです。
この二つの資格のことを医療コンシェルジュということが分かり、とても珍しく、興味深いと思っています。

資格を持っておくと

● 46歳 女性
資格を持っておくと、転職の際などにより有利となりますが、様々な資格の中でも医療関係の資格はやはり人気が高いものです。
メジャーな資格としては、医師、看護師、薬剤師などがあげられますが、まだあまり知られていない珍しい資格なども注目されてきています。
医療関係の珍しい資格では、医療コンシェルジュという資格も注目が高まっているようです。
これは患者さんの代理となって、医療機関の選定やセカンドオピニオン的なアドバイスを行い、速やかに病院内を案内することなどで、待ち時間の短縮やより効率の良い受診を実現させるなどの仕事を行うものです。

患者さんを最適な医療に案内できることは勿論、医療機関やドクターへの負荷を減らすこともできることで、患者さんにとっても医療機関にとっても、役立つ資格です。

医療コンシェルジュの資格を取得するには、資格認定講習会の講義や実技を学び、最終日の試験に合格することで資格が認定されることとなるようです。

お勧めのサイト

Copyright 2014 ちょっと珍しい医療の資格 All Rights Reserved.